【最終回】お金をかけた知育より、賢い子どもに育てられる「タダ」の方法

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

今日は、突然ですが、質問です。^^

あなたは「子どもとのスキンシップ」と聞いて、お子さんに、どんな効果があると感じますか???

d996e20fe43997234329aabee15af2f5_s

殆どの方が、スキンシップは

・ママの愛情を子どもに伝える手段
・子どもの心を、満たしてあげる方法

 
と感じているのではないでしょうか?

もちろん、その通りです。^^

でも、スキンシップには、他にもとっても大切な効果があるのです。

それが、「子どもの脳神経を活性化する=賢くなる」といういこと。

「肌は露出した脳」と言われるくらい、たくさんの刺激を感じとってくれる臓器なのです。

ですから、もしご自身のお子さんを賢く育てたいなぁと感じたら、まず赤ちゃんや子どもの素肌に、たくさんたくさん触れてあげることが、とっても大切なんですね。^^

こちらの本にとってもわかりやすく、解説してあります。

もう少し学術的に、肌と脳の関係を知りたい方は、こちらがオススメです。

スキンシップと言っても、難しく考えなくて大丈夫。

お家で、カンタンにできる方法をお伝えしますね。^^

・子どもとのカンタンスキンシップ法

スキンシップ法は、場面ごとにお伝えしますね。

1:抱っこしている時
2:遊んでいる時
3:歩けるようになってから
4:その他

 

子どもとのカンタンスキンシップ法【1:抱っこしている時】

・頭をなでる
・背中を上から下に、ゆっくりなでる
・足の指や足裏を、もみもみする
・手の指や手のひらを、もみもみする
・ほっぺをなでる

子どもとのカンタンスキンシップ法【2:遊んでいる時】

・抱っこしながら絵本を読む
・くすぐる
・体あそび(飛行機、くっついたくっついた、など)
・手遊び歌(あたまかたひざポン、げんこつ山のたぬきさん、一本橋こちょこちょ、バスに乗って、など…)
・ほっぺスリスリ
・おんぶ
・肩車(パパ)
・ゆび散歩(子どもの背中や足を、ママのゆびでリズムよくお散歩)
・ベビーマッサージ

子どもとのカンタンスキンシップ法【3:歩き始めてから】

・手をつなぐ
・くすぐる
・体あそび(ロボット、手押し車、ギッコンバッタンなど)
・抱っこ(歩き始めてからは、より意識して抱っこの時間を作る)
・料理を一緒にする(包丁の持ち方など、手を持って教える)
・プレチャイルドマッサージ

いかがですか?

スキンシップをしなきゃ!と思うと、つい面倒ん感じるかもしれませんが、とってもとってもカンタンですよね。^^

子どもの心を愛情で満たすだけではなく、子どもが賢くなる「スキンシップ」。ぜひ、今日から始めてみましょう♪

ということで、今日まで5回に渡りお伝えしてきた「賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること」は、いかがでしたでしょうか?

お金をかけたり、難しく考える必要はありません。^^ママの体だけあれば、充分、賢いお子さんを育てることができます。

ママたち、自信をもって、子育てしてくださいね♪

【連載1】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:散歩

【連載2】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:選択

【連載3】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:ママの実況中継

【連載4】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:次は…?の声がけ