【連載3】お金をかけた知育より、賢い子どもに育てられる「タダ」の方法

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

今日は「キレない子ども」に育てる方法についてお伝えします♪

よく育児書などに「赤ちゃんに、語りかけましょうね。」と書いてありますね。

そうは言っても、ねんねしてる、おしゃべりをしない赤ちゃんに何を話しかけたらいいのか、分からない。というママも多いようです。

そこで、今回は語りかけが大切な理由と、具体的な声がけの方法をお伝えしますね。

・赤ちゃんに語りかけが大切な理由

まずは、どうして赤ちゃんに語りかけが大切なのかというと、語りかけをすることによって、

・語彙力
・表現力

こんな力が育まれるからです。^^

4058ff5b9c7b3fd658df49ff092d67b9_s

ここで、ちょっと話を変えて…。

「キレる子ども」「ギャン泣きする子ども」って、どうしてキレたりギャン泣きすると思いますか???

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

それは、自分の気持を上手に表現できないから、です。^^

だから、子どもの気持ちに共感し、代弁すると、スーッと気持ちが落ち着くことがほとんどです。

つまりは、お子さんがキレたり、ギャン泣きするのを減らすためにも…。

お子さんが、自分の気持を素直に表現できるようになるためにも…。

「子どもの語彙力と表現力を育む=子どもへの語りかけ」が大切なわけですね。^^

・赤ちゃんへの語りかけの仕方

実は、赤ちゃんへの語りかけの仕方は、とってもカンタン♪

ママのしていることを、「実況中継」すればいいだけなのです。^^

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

実況中継というのは、ママがしていること、見ていることを、赤ちゃんに話しかけるってことです。

色々な場面での具体例を、お伝えしますね。

・料理中

・これから、スープを作るねー。
・人参を切ろうね。
・人参って、固いんだよー。
・包丁でトントン
・人参が、小さくなったよ♪
・お鍋に、お水を入れて、人参を入れようね。
・お鍋がグツグツ言ってるね。
・わぁ、人参が柔らかくなったよ。
・お塩入れたら、味見をしてみるね。
・うん、おいしくなった♡ パパもたくさん食べてくれるかな?

・掃除

・さぁ、今からお家の中を、キレイにするよー。
・まずは、窓をあけて、空気を入れ替えようね。
・テレビの台を雑巾で拭くね。
・ほこりがなくなったら、綺麗になったね♪
・次は、掃除機だよ。
・◯◯ちゃん、ねんねの場所を変えようね。

・洗濯

・今日は毛布を洗おうね
・毛布を洗濯機に入れて、洗剤を入れよう
・スイッチ・ピッ♪
・洗濯が終わったら、パンパンして干そうね
・今日はいいお天気だから、すぐに乾くかなぁ。

いかがでしょうか?

こうしてみると「語りかけ」って、カンタンでしょ。^^

ぜひぜひ、お子さんの表現力を育むためにも、0歳からの「実況中継」続けてみてくださいね♪

【連載1】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:散歩

【連載2】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:選択

【連載4】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:次は…?の声がけ

【最終回】賢い(生きる力の強い)子どもに育てるために、0歳でできること:スキンシップ