乳幼児子育てサポート協会の教室は、産後うつ「ゼロ」を目指して、それぞれの月齢や状況に合わせたお悩みに答え、ママの不安や迷いを取り除くこと。同じ子育て中のママ達が集まり、気軽におしゃべりやママ友作りができストレス発散が出来る場所を提供することを目的としたサービスを提供します。

子育て環境 実態調査・研究報告

  • HOME »
  • 子育て環境 実態調査・研究報告

(一社)乳幼児子育てサポート協会では、子育て環境や産前産後の子育て支援に関しての調査・研究を行っております。

こちらのページでは、実施した調査結果をまとめてあります。

●乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)についての実態調査

【調査方法】
・調査期間 2017年6月25日〜7月2日
・調査対象 子育て経験のある女性
・調査方法 インターネットによる告知と解答
・回答数  645名

【目的】
「乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)」について、利用した母親たちから「訪問員に、心無い言葉をかけられた」「もう利用したくない」などの声が聞かれた。

当該事業は産後うつリスクの一番高い時期に行われるもので、産後うつに罹患する母親(父親)を一人でも減らすためには、当該事業の質の向上が必須と考え、事業の質の向上のための提案を、各地方自治体や厚生労働省へするために、まずは事業の実態を知るために調査を行った。

【結果】
訪問に対して非常に満足した母親が31%、普通と感じた母親が55%を占め、非常に不満足と感じた母親が12%もいた。

非常に満足した理由は、母親の悩みに的確に答えてくれた・共感してくれたを合わせ69%を占める。

翻って、非常に不満足に感じた母親は、悩みに的確に答えてくれなかった・訪問員に心無い言葉を言われたが、52%となっている。

【考察】

上記の結果を見ると、母親たちは訪問員に自身の悩みに対して的確に答えてくれること・気持ちに寄り添ってくれることを求めている。

しかし、それができているのは、たったの3割となっている。

当協会は、

・乳児家庭全戸訪問事業の訪問員の選定基準を厳格化する、もしくは研修を統一化すること

・研修には、母親とのコミュニケーションについて学ぶ科目を必ず入れること、かつこの研修の内容は国が管理すること

の二点が必須と考え、関係各所に提案していく。

※単純集計の報告書はこちら

※県別のクロス集計の報告書はこちら
 
 

●産前産後の母親支援についての緊急アンケート

・調査期間 2017年2月15日〜3月31日
・調査対象 子育て経験のある女性
・調査方法 インターネットによる告知と解答
・回答数  1,305名

※単純集計の報告書はこちら

※県別のクロス集計の報告書はこちら
 

●子育て環境アンケート

・調査期間 2016年3月1日~4月10日
・調査対象 中学生未満の子どもを持つ女性
・調査方法 アンケート用紙を配布、記入後、郵送にて回収
・配布数 847部
・回答数 553部
・回収率 65.2%

※PDF版報告書はこちら


お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6271-0151 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 乳幼児子育てサポート協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.