●保育士不足を補うため、年に二回の試験を実施?!

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です♪

この数日、「保育士さん不足」に関連するニュースがありましたね。

保育士不足に対応 試験を年2回に倍増

保育士、平成29年度末には6.9万人不足と推計 – 厚生労働省

これって、本当に不足しているんでしょうか…???

もちろん、少子化の影響もあって、新しく保育士さんになろうという人数が減っていることは、間違いないでしょう。

でもね!!!

すでに資格を持っているのに、今は保育士をしていない方が、多いと思いませんか?

この方たちを、活かせる環境を作れたら、当面の不足分は補えるのではないでしょうか?

img_2

私の周りには、たくさんの保育士さんの資格を持っていながら、違うお仕事を選んでいる方が、たくさんいらっしゃいます。

なんでかって、聞いてみると…。
 

・体力的にハードだから
・ハードなのに、お給料が安いから
・結婚して、やめて、そのまま復職していない

など、色々な理由があるようです。

これ、簡単に改善できそうですよね…???

体力的にハードなら、子どもに対しての保育の人数を増やす、就業時間を短くする。

給料はあげる!!!

復職したい、と思えるような魅力をつける。

そして何より、既存の保育園という形以外で、保育士さんの資格を活かせる、就業スタイルを確立する、っていうことが大切なのではないでしょうか?

せっかく、すてきな想いをもって保育士さんになったのに、それを活かしきれていない…。

社会は保育士さんが不足している…。

こんな現状、駅前教室を作って、そこに保育士さんを招いたら、少しは改善できるのではないかと想います。

やはり、まずは、駅前教室、作ります!!!