「ママでいる前に、一人の人間として自分に素直に生きてけば良いんだと思える講座でした。」【イヤイヤ期らくらく子育て講座:京都府京都市】

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

先日、京都府・京都市・日向市・京都新聞などの後援事業として

もうスーパーでギャン泣きしない!イヤイヤ期の子どもへの声がけ法が分かる「らくらく子育て講座」

を開催いたしました。

今日は、京都府京都市で行われた、イヤイヤ期らくらく子育て講座の様子をお届けします。
 

講座の様子と内容

内容(抜粋)

【1:はじめに】
・「イヤイヤ期」って、反抗期じゃないのです

【2:心構え編】
・これさえ守れば大丈夫!子育ての基本
・謙虚はやめよう!「親ばか」のススメ

【3:実践編】
・自尊心を育む声がけ法
・自分の気持が話せるようになる声がけ法
・お手伝いができるようになる声がけ法
・約束が守れる子どもに育てる声がけ法

【4:最後に】
・ママのイライラ解消法

講座中の様子

ママたち、一生懸命、メモを取ってくださいました。^^
 
 

小さい赤ちゃんたちは、ママのお膝で一緒に聞いてくれましたよ。
 
 

大きいお友だちは、託児スタッフが見守りました。^^
 
 

講師を務めた当協会アドバイザーの吉本は、臨月!

産休前、最後のお仕事に手振り身振りで熱の入った講座となりました。
 
 

参加者さまからのご感想

N・Oさんより

「ありがとう」「ごめんね」って、つい親だから、上だからはずかしいっていう気持ちが先に立ってしまい、素直になれていませんでした。

ママでいる前に、一人の人間として自分に素直に生きてけば良いんだと思える講座でした。

臨月にもかかわらず、2時間ぶっ通しで話し続けてた吉本先生に感激しました。

私も4月から仕事頑張ります。

まだまだ寒いですが、お身体大切に、元気な赤ちゃん産んで下さいネ。

やり先生もありがとうございました。またお教室行きます。
 
 

S・Mさんより

ちょうど昨日、娘となかなかタイミング合わずな1日だったこともあり、お話を聞いていて、節々で泣きそうになりました。(笑)

こんな思いで泣いていたんだな、わがままを言っていただけではなかったんだ。

なのに目を合わせたり共感してあげられなかったなと胸も痛みました。

今日から少し心にゆとりを持って接する事ができそうです。

また、私は自分の親にきっとちゃんと手はかけずとも(笑)、目はかけてもらっていたんだろうなと、両親にも改めて感謝することもできました。

最後に、イライラしてもいいんだと言って頂けたのも救いになりました。

本当にありがとうございました!!

この講座を思い出して、今後も育児がんばります!
 
 

C・Sさんより

どうしても普段は余裕がなくてできてないこと沢山ありました。

遊んでいる時より、怒っている時の方が目を見て、時間をかけてしまうことが多く、それが逆効果だったのか!と早く知ることができて良かったです。

最近は洗たく物たたみたがったり、ついつい「自分1人でやったらすぐ終わるのに・・・」ということはサッサと切り上げがちですが、できたこと、その気持ちを喜んで伝えてあげようと思います。

ハグ、夫にも実践してもらって沢山ギューとされるようにしてあげたいです。

ありがとうございました。
 
 

N・Nさんより

とても楽しくて勉強になりました。

子どもが途中ぐずってしまってもったいないなーと思ってしまいました。

それくらいもっと聞きたかったです。

3人の子育てをされた経験がイメージしやすくて自然にウンウンとうなづいてました。

ありがとうございました。
 
 

T・Yさんより

改めて自分に言い聞かせることができました(笑)

「焦らない」「焦らせない」めっちゃ難しいですが、できるときだけでもやってみようと思います。

先生の話をきくと、フッと少し気が楽になります。

ありがとうございました。

元気な赤ちゃんを!またお会いできるのを楽しみにしています。
 
 
ご参加くださったママたち、ありがとうございました!

今後も全国で開催していきます。

自治体や企業様からのご依頼もいただきますので、詳しい内容はこちらをご覧ください。