ママの手だけで、夏風邪を予防する方法

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

全国で梅雨が明けて、アツい日が続いています。

また、屋内に入ると極端に冷房が効いていて、ゾクゾクっと寒気がすることもありますね。

そして、全国的に夏風邪が、かなり流行っているようです。

夏風邪って、長引くことが多いので、できればかかりたくないのですが、冷房で身体が冷え切っていると、どうしてもかかりやすいんですよね。

そこで、今日は夏風邪を予防するカンタンな方法をお伝えしますね。^^

それは「ママの手でお子さんの足と肩甲骨の間を温める」です。

IMG_8112_original

温め方のポイントは、下記の2つだけです。

・ママの手を、お子さんの身体に密着させる
・ゆっくりと、手を動かす

オイルを使う必要はありません。

また、特別な手技も必要ありません。

とにかく、体を温めるために、手を密着させて、お子さんの体をゆっくりとなでてみてください。^^

足は、上から下へ、前面と裏面両方。

背中は、肩甲骨の間を時計回りに、くるくると。

意外と、お子さんの体が冷えているのが、分かると思います。

冷えている場所は、手を止めて当てたままにして、じーーーっくりあたためてみましょう。

これだけでね、お子さんの身体が温まって、免疫力があがります。^^

また、「ママがゆっくりなでてくれる」と、より、ママの愛情を感じて、お子さんの心も穏やかになります♪

寝る前に、ゆっくりなでてあげると、そのまま熟睡しちゃいますから、寝かしつけにも、最高ですよ。

お子さんが、2人・3人いらっしゃって、落ち着いてマッサージなんてできない!というママさんは、日替わりでもいいですし、1分だけでもいいです。

意識的に、ママの手を密着させて、お子さんの足と肩甲骨の間を温める、お試しくださいね。^^