授乳間隔が空いてきたママが、気をつけるべきこと

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

梅雨があけていないのに、連日、猛暑が続いていますね。

急に暑くなると、体が暑さに慣れていないので、熱中症になりやすいです。

特に、赤ちゃんは抱っこの時間が長く、また、大人より体温も高いので、注意が必要です。

06775610c70f65063d907f500c8ab662_s

0歳代の赤ちゃんの熱中症対策で、注意していただきたいことは、下記の5点です。

・授乳間隔を気にせず、母乳やミルクをあげる
・赤ちゃんの洋服は、1枚で充分(着せ過ぎ、要注意!)
・ベビーカーや抱っこ紐に、保冷剤を使う
・うちわなどで、風を送って体感温度を下げる
・赤ちゃんに直射日光があたらないようにする

 

・授乳間隔を気にせず、母乳やミルクをあげる

赤ちゃんの熱中症の対策で、一番大切なことが「水分補給」です。

でもね。分かっていても、つい「授乳間隔が空いてきたから」といって、それを頑なに守ろうとするママがいらっしゃいます。涙

それ、本当に命に関わります。

生後3・4ヶ月、まだストロー飲みもできない赤ちゃんは、授乳間隔は関係なく、こまめに水盆補給をしてあげてください!

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

もし離乳食が始まっているなら、すぐにストロー飲みの練習も始めましょう。^^

ストロー飲みができるようになったら、水分補給もラクになりますからね♪

とにかく、授乳間隔が空いていても、こまめな水分補給をすること、大切です。

・赤ちゃんの洋服は、1枚で充分(着せ過ぎ、要注意!)

紫外線対策として、このアツい夏でも、レッグウォーマーやアームウォーマー履かせているお子さんを見かけます。

また、なぜか、子どもには肌着を着せなきゃいけない、という先入観で、ママが一枚しか着ていないのに、お子さんには肌着とTシャツなど、二枚着せている方もお見かけします。

これ、今すぐやめましょう。

赤ちゃんは、大人より体温が高いですから、着せるのは半袖短パンの一枚にしましょう。

0b98c84d9036ca86c5ac5257ac37f77d_s

素材は、綿100%の、汗をしっかりと吸収してくれもものがいいですね。^^

こまめに着せ替えれば、あせも対策もできます。

そして、冷房がガンガンに効いている屋内に入ったら、レッグウォーマーや、薄手のカーディガンを着せてあげましょう。

なんにしても、アツい外では、できるかぎり薄着にしてあげてくださいね。

・ベビーカーや抱っこ紐に、保冷剤を使う

最近のベビーカーのカバーや、抱っこ紐には保冷剤を入れられるポケットがついていますよね?

昼間、お出かけをするときには、必ず保冷剤を使いましょう。

782a2616eed54df862c857fc619eb46c_s

ただし、二点、注意していただきたいことがあります。

・冷房がきいている屋内に入ったら、必ず保冷剤をポケットからだす
(赤ちゃんの体の冷えすぎを、防ぎます)

・帰りに保冷剤が溶けていたら、できるだけ日陰を通る
(赤ちゃんの体に直射日光が当たらないよう注意しましょう)

 

・うちわなどで、風を送って体感温度を下げる

外にいる時間が長い時には、うちわなどで仰いで、体感温度を下げましょう。

赤ちゃんの顔が赤くなってきたら要注意ですよ。

優しい風を送ってあげてくださいね。

・赤ちゃんに直射日光があたらないようにする

赤ちゃんに、強い日差しが直接当たらないようにすることは、大切です。

その為に、

ベビーカーなら、カバーを下ろす
抱っこ紐なら、ママが日傘をさす

ということをしましょう。

ということで、今日は、0歳の赤ちゃんの熱中症対策について、お伝えしました。

とにかく授乳間隔は関係なく、赤ちゃんの様子を見て、こまめな水分補給をしてくださいね。^^