子どもの「自尊心」を育む前に、大切なこと

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

子育て系の雑誌やネットのサイトでは、よく「子どもの自尊心を伸ばしましょう。」って、言われています。

確かに、自尊心って、とっても大切♡

私も「もうスーパーでギャン泣きしない!イヤイヤ期の子どもへの声がけ法が分かるらくらく子育て講座」では、お子さんの自尊心を育む関わり方についてお伝えしています。^^

実は、この講座の冒頭でもお伝えしているのですが…。

お子さんの自尊心を育むために、なにより、大切なことがあるんです。^^

それは…。

ママが、自分自身をそのまんま・まるっと自分を受け止めること♡

3d5a962f0641e2a9360776ad72e1d330

そうなんです、まずね、子ども心をなんとかしようと思う前に…。

ママさんたち♡ 

ママさんは、とてつもなく、すんごい「お仕事=育児」をしています。

24時間365日、ほとんど自由な時間もなく、子育てという「偉大な仕事」に携わっていらっしゃいます。

今ね、お子さんが元気に笑っているなら、それはまぎれもなく、母親であるあなたのおかげです。^^

だからね、たとえ

イライラしても
料理が苦手でも
掃除を毎日してなくても
洗濯物がたまってても
寝坊しても

ねっ♡

だいじょうぶ。^^

まずは、そのまんまのご自身を、認めてあげましょー♪

ママ自身が自分をまるっと認めて受け止められると、自然にお子さんも、自分自身を認めてあげられるようになりますよ。

あ、ここで「あー、わたしは自分の◯◯が嫌いって思ってるからダメだ」って感じちゃいました???

いいの、いいの♡

ダメな自分を見つけても、いいの。

わたしって、「そういう苦手なコトもあるよね。えへっ。」って受け止めてあげてください。^^

完璧な人間なんていませんでしょ?

完ぺきな母親を、目指すのはやめましょう。

「あなた」という個性、そのものを「母親であるあなた」が認められると、勝手に自然にお子さんの自尊心も育ちますから♪

もし、たとえ、ママであるあなたが、自分のことを嫌いだったとしても…お子さんのためにも、ご自身をギューっと抱きしめてみましょうねー。^^