ベビー系資格の、コンサルや師匠の選ぶときの5つのポイント

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

世の中には「コンサル」と名乗る方が、たくさんいらっしゃいます。

たくさんいすぎて、どの方に師事すればいいのか?分かりませんよね。

そこで、今日は、ベビー系の資格のコンサルの選び方について、お伝えします。

557d01fd11a704e13be1473e4821663c_s

コンサルを選ぶ時は、コンサル自身が…

1:教室の経験を持っているか?
2:教室事業だけで売上をあげていたか?
3:コンサルした生徒さんが、結果を出しているか?
4:コンサルというものに対して、想いを持っているか?
5:他人の悪口を言わないか?

 
を確認しましょう。

1:教室の経験を持っているか?

まず、確認をしたいのは「コンサル」を名乗る人自身が、お教室の経験を持っているか?です。

特に、同じ分野のお教室の経験を持っているといいですね。^^

8a53745544f1c526b9aad03896a9a7e0_s

なぜなら、資格を取ったばかりの講師が、お教室を開くときには「売上を上げる」ことだけではなく…。

・ママへの対応方法
・赤ちゃんが泣いた時の、対応方法
・お教室の内容の組み立て方

 
などなど「ベビー系教室ならでは」の、疑問や課題にぶつかるからです。

これらは、現場を経験していないと、的確に答えることができません。

ですから、コンサルをするその人自身が、お教室の経験を持っていることが、大切になります。

※あなたが取った資格を発行している協会や団体が、上記したような「現場の疑問」について、しっかりとフォローする体制があれば、コンサルに教室経験は必要ありません。

2:教室事業だけで売上をあげていたか?

続いて大切なのは、コンサル自身が「教室事業」だけで、しっかりとした売上をあげていたか?です。

「しっかりとした売上」とは、あなたが目指す売上以上、ということです。

PAK85_deskshiryou20131223

ここで注意したいのは、「教室事業」だけというところです。

資格養成や、その他の事業を合わせての売上では、そのコンサルの実力がわかりません。

あくまでも、教室事業でどのくらいの売上をあげていたのか、しっかりとヒアリングしてみましょう。

3:コンサルした生徒さんが、結果を出しているか?

次に大切なのは、コンサルをした生徒さんが、結果を出しているかどうか、です。

「名選手 名監督にあらず」という言葉がある通り、自分自身のお教室は売れていても、そのノウハウを体系的に伝えるのは、教室運営とは別の能力が必要となります。

shutterstock_126022766

必ず、コンサルをした生徒さんが、

・あなたが望む収入より多くの収入を得ているのか?
・イキイキとお仕事に取り組んでいるのか?

 
を、リサーチすることが大切です。

リサーチするときには、コンサル本人に聞くのではなく、コンサルの生徒さんに直接聞きましょう。

また、コンサルのホームページやブログに、生徒さんの感想や実績がどれだけ書いてあるか?もチェックをしましょう。

4:コンサルというものに対して、想いを持っているか?

続いてチェックしたいのは、どうしてコンサルという職業を選んでいるのか?です。

世の中には、

・儲かるから
・有名になりたいから

 
だけで、コンサルという職業を選んでいる人もいます。

b299bfcfb169cc6d69cfe86f99f0a22c_s

コンサルを申し込む前に、どうしてその人が「コンサルという職業」を選んだのか、ぜひ聞いてみてください。^^

特にベビー系の講師の方は、コンサルの「想い」を大切にしたほうがいいです。

なぜなら、ベビー系の講師の方自身が、まず儲けより、ママのために!子どものために!というアツい想いをお持ちだからです。

コンサル自身に、なにかしらの「想い」がなければ、ベビー系講師の「想い」を理解してもらえません。

ぜひ、コンサルを選んだ想い、聞いてみてくださいね。

5:他人の悪口を言わないか?

最後は、他人の悪口を言わないか?です。

これは、人としても当然なのですが…。

コンサルという、他の人の売上や仕事の仕方・企画など、内部を知ることができる立場の人間として、他人の悪口を言うというのは、言語道断ですよね。^^

mig

これをリサーチするのは、なかなか難しいですが、もし、陰口を言っているのを聞いてしまったら、その人からはすぐに離れたほうがいいですね。

間違いなく、あなたの陰口も、どこかで言ってますから。^^

ちなみに、陰口を言ってしまう人は「自信がない」人です。

愛に溢れ、自分に自信をもち、他の人もそのままで認められる人は、陰口を言わない・・・悪口を言うという感性がないのです。^^

0ee12252e8b815201b9330c6dc5d34f3_s

自信がない人にコンサルをしてもらっても、あなたの売上が、上がるわけがありませんよね。

もし、コンサルと名乗っている人が誰かの悪口を言っていたら、気をつけましょう。^^

ということで、今日はベビー系のコンサルを選ぶ時の5つのポイントについて、お伝えしました。

ぜひ、この5つのポイントに気をつけて、コンサルを選んでみてくださいね。^^

1:教室の経験を持っているか?
2:教室事業だけで売上をあげていたか?
3:コンサルした生徒さんが、結果を出しているか?
4:コンサルというものに対して、想いを持っているか?
5:他人の悪口を言わないか?