生後8ヶ月頃の赤ちゃん、夜、何度も起きちゃうー!というママへ

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

0歳代の赤ちゃん。

最初の3ヶ月位は、昼夜問わず起きてたけど、半年も過ぎると、夜にある程度まとまって寝てくれることが増えますよね。^^
(個人差は、めちゃくちゃあります。)

そんな、まとまって寝てくれてた赤ちゃんが、8カ月ころになると、また、しょっちゅう起きるなんてこと、ありませんか???

これ、いくつかの理由が考えられるのです。その理由は、下記の3点です。^^

・精神的に発達して、ママが隣りにいるか、常に確認をしたい
・体力がありあまって、眠りが浅くなっている
・お腹が空いている

 

・精神的に発達して、ママが隣りにいるか、常に確認をしたい

ちょうど、ハイハイが上手になるこの時期は、精神的に「自立」へと向かう、とっても大切な時期なんです。^^

ハイハイで赤ちゃんの行動範囲は、広がって、どんどん、遠くへ冒険にいけるけど、ママがちゃんと見ててくれるか、心配。

そんな時期なのですね。^^
9498c0d29c2ed98bb821fa502cffdb1c_s

広い遊び場などで「遠くで一人で、よく遊んでいるなぁと思って見ていたら、何度も何度も、赤ちゃんと目が合う」なんていう経験、ありませんか?

あれは、好奇心が旺盛で、ママと離れて冒険も楽しいけど、ママにはちゃんと見ていて欲しいー♡ という、気持ちの現われなのです。

つまり、ハイハイが上手になって、行動範囲が広くなった時期は、赤ちゃんもちょっとだけ、気持ちが不安定になっているわけですね。

ですから、この時期に、夜しょっちゅう起きる場合には、寝る前にいつも以上にスキンシップをして、ママの愛情をたーーーっぷり伝えてみてください。^^

そうすると、安心してある程度まとまって寝てくれることが、増えますよ♪

スキンシップの方法は、

・赤ちゃんの素肌を、ママの手でなでなでする、マッサージ
・ほっぺをすりすりしながら、赤ちゃんをぎゅーっと抱きしめるハグ

 
が、おすすめです。^^

how-to-hug-a-baby-810x574

さらに、ママの愛情を伝えるには、スキンシップしながら「大好きだよ〜♡」「産まれてくれてありがとう〜♡」などの言葉も伝えると、いいですよ。

ということで、赤ちゃんが、夜しょっちゅう起きちゃう時には、まずはいつも以上にスキンシップの時間を作ってみてくださいね♪

※決して、ママたちの愛情不足ではないので、安心してくださいね。単に、そういう時期なのですよー。^^

・体力がありあまって、眠りが浅くなっている

次に考えられるのは、体力が余ってること。^^;

この時期は、おうちで赤ちゃんと二人きりだと、できる遊びも限られますよね。

ママも、一緒にハイハイをしたほうがいいとは分かっていても、長時間はできませんもんねぇ。

そんな時には、子育て支援施設などの、屋内の遊び場に行ってみませんか?

014

初めて行く時には、ママも緊張するかと思います。

それに、すでに「ママ友の輪」ができていて、会話に入れなかったらどうしようって感じることもあるでしょう。^^

でもね、安心して下さい♡

動けるようになった子どもは、勝手に遊びますから、ママはムリして輪に入る必要も、誰かに話しかける必要もありません。^^

人見知りのママは、とりあえず行ってみて、居心地が悪ければ、短時間で帰ってくればいいです♪

自分から話しかけるのが苦手なママは、とりあえず、静かにしておいて、子ども同士が遊んでいて、相手のお子さんのママが話しかけてきたら、笑顔で答えたらいいです。^^

3_2

ママのムリのない範囲で、赤ちゃん同士が遊べる場所に、行ってみてくださいね♪

赤ちゃん同士の関わりあいって、ものすごーーーーく刺激になって、体力も消耗してくれますよ。^^

・お腹が空いている

この時期の赤ちゃんは、実はお腹が空いて、しょっちゅう起きるってこともありますので、離乳食の食べさせ方を見なおしてみましょう。

e04edc51e8c5303a35154f8fedb22465_12831

・2回食のお子さんは、朝と夜に食べさせてみること。
・今食べている食事より、少し硬めのものをあげてみること。
・手づかみさせをすること。

 
この時期は、柔らかすぎて物足りなくて、離乳食をあまり食べなくなる、ということがあるんです。^^

ですから、今より少し、固くするだけでも食べる量が増えることがあります。

次に、手づかみ食べ。

手づかみ食べは、食への興味も育みますし、自分で食べると楽しいため、たくさん食べることがあります。

ぜひ、お試しくださいね♪

ということで、8カ月ころ・・・ ハイハイが上手になること、しょっちゅう赤ちゃんが起きてくるママさん、お昼寝できるときは、一緒にお昼寝をして、頑張っていきましょう!!!

※今回お伝えしたことは、一回起きて、何時間も泣き続ける「夜泣き」とは区別しています。

今回は、夜中にしょっちゅう起きるけど、おっぱいをあげると、それなりに寝ちゃうお子さんを対象としています。