うんちは臭い!?いえいえ、とっても大切な健康のバロメーターです。

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

いろいろな子育て支援施設などで、多くのママや赤ちゃんを拝見していて、少し気になることがあります。

それは

「うんちしたのー?くちゃいくちゃい。汚いから、オムツ変えようね」

という言葉なのです。

本来なら、うんちをした時には、ぜひとも、赤ちゃんに

・よかったね♪

・お腹が気持ちいね。^^

・今日も元気な証拠だね〜♪

 
と、ポジティブな声を掛けてあげて欲しいのです。

index

どうして、ポジティブな声をかけて欲しいのかというと、理由は下記の2つです。^^

・うんちは、健康のバロメーターだから
・ネガティブな声かけ(汚い・臭い)は、将来の便秘に繋がるから

それぞれ、どういうことかといいますと…。

1:うんちは、健康のバロメーターだから

まずですね、うんちは「とっても大切なモノなんだ」ということを、理解していただきたいのです。^^

うんちの状態(匂いや硬さ、色)で、赤ちゃんの健康状態がすぐに分かります。

※色については離乳食を食べ始めると、食べたものの色がつきますので、何を食べたかを思い出してから判断しましょうね。

ですから、汚いものでも、悪いものでもないってことです。

また、においつきのオムツがありますが、それは使わないほうがいいです。^^

ちょっとした匂いの変化や、硬さの変化で子どもの体調の変化に気がつくことができますので、香り付きのオムツは使わないようにしましょうね。

ちなみに、健康なうんちを出すためには、大腸の調子を整えることが大切です。

大腸って、実はものすごい人間の健康に関わっている臓器なのですね。

そのあたりのことは、この本に、とってもわかりやすく書かれているので、ぜひ、読んでみてくださいねー♪

・ネガティブな声かけ(汚い・臭い)は、将来の便秘に繋がるから

0歳の赤ちゃんの時から、うんちをする度にママやパパから

「わぁ、汚いー!」
「わぁ、くちゃいねー。」

って言われていたら、子どもは、どう感じるでしょうか?

子どもは「うんちは、汚い、良くないもの」と感じますよね。

そんなお子さんが、集団生活に入ったら…。

間違いなく、学校や幼稚園での排便を我慢しちゃいますよね。

つまり、便秘のクセが、小さい時からついてしまうってことです。

女の子は特に、小学校などでの排便は我慢しがちですよね。

せめて、思春期などに入る前は、しっかりと便意を感じたら、出す、という習慣はつけてあげたいものです。

そして、家庭内では、

ーーーーー
「今日は、どんなうんちが出た?」
「いいうんちが出て、良かったね!」
「今日も、元気な証拠だね♪」

ーーーーー

という会話ができるようになって欲しいな、と思います。

ということで、大腸や、うんちは、本当に大切なもの。

ぜひとも、今から、オムツ替えの時には

「いいうんちが出たねー。^^」
「たくさん出て、お腹も気持ちがいいね♪」
「今日も元気で、よかったねー。^^」

 
などの、ポジティブな声をかけてあげてくださいね。