協会から発行された「資格」を、安定した収入につなげる「売れる仕組み:3つの要素」

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

あなたは所属する協会に、「Aという資格だけじゃ、仕事にならないから、Bという資格も取りなさい」と言われたこと、ありませんか?

これですね、大きく間違っています。

だってね、協会として「仕事になります!」と謳って、売っている資格なのに、違う資格を取らなきゃいけないって、おかしいと思いませんか???

資格はね、確かに仕事をするのに「信用」という武器になります。

でもね、資格をたくさん持ってるからといって、収入が増えるのではないのです。

資格を収入につなげるためには、「売れる仕組みの3つの要素」が大切になります。

1:メニュー構成(イベント含む)
2:参加費とその受取方法
3:スケジュール

 

1:メニュー構成(イベント含む)

 
まず大切なのは、メニューの構成です。

通常、一つの資格を取得すると、一つのお教室が開けますよね?

例えば

ーーーーーー
・ベビーマッサージの資格を取得したら、ベビーマッサージ教室
・おやこヨガの資格を取得したら、ヨガ教室
・サイン教室の資格を取得したら、サイン教室
ーーーーーー

ただ、これだけだとママたちは飽きてしまいます。^^

ですから、

・季節のイベント
(クリスマス会、ハロウィン、お花見、ひなまつり、豆まき、こどもの日、父の日、母の日、敬老の日など)

・実費のみのランチ会

 
などを企画する必要があります。

043

つまり「ママたちが、飽きずに楽しめるメニュー」を考える必要があるということです。
 

2:参加費とその受取方法

 
メニューが決まったら、次に参加費(価格)を考えましょう。

ベビー系の資格を取得した方は、ついつい「ママが対象だから、安くなきゃ来ないのでは?」と考え、ワンコインなどにする方がいますが、それは違います。

ワンコインのお教室に参加する人は、ワンコインの価値を求めて。

5000円のお教室に参加する人は、5000円の価値を求めて、参加されます。

また「参加費=講師の価値」でもあります。

あなたは、ワンコインの価値の講師なのか?5000円の価値の講師なのか? 

講師として、どうなりたいのか?も含めて、参加費を考える必要があります。

IMG_6389_original

また、通常のお教室と、季節のイベントでは「価格の差」をつけましょう。

季節のイベントを、通常のお教室より高額にすること(その価値がある内容にすること)で、あなたのお教室の価値も上がり、また、収益も上げることができます。

参加費が決まったら、どのように参加費をいただくかも、考えましょう。

その都度支払いですと、キャンセルが出た時に、講師の売上が減ってしまいます。

・月謝
・回数券
・プリペイドカード
・学期募集制

 
など、事前に参加費をいただく仕組みを作る必要があります。
 

3:スケジュール

 
メニューと参加費が決まったら、

・教室の開催スケジュール
・イベントの開催スケジュール
・募集のスケジュール

 
を建てましょう。

ポイントは「募集のスケジュールを建てる」ということ。

ただただ「お教室開きまーす!」と言っても、誰も集まりません。

計画的に募集をする必要があるのです。

スクリーンショット 2016-01-08 13.27.55

何月何日から、なにのお教室を募集するのか? しっかりと計画を立てることが大切です。

ちなみに、お教室の日程は、1ヶ月前。

イベントの日程は2ヶ月前には、参加者さんに告知をしましょう。

ということで、

1:メニュー構成(イベント含む)
2:参加費とその受取方法
3:スケジュール

 
この3つの要素について、しっかりと考えられていれば、資格が一つでも、月々3−10万円は収入を得ることができます。

(開催頻度と、定員によるので、収入の幅は大きいです。)

たくさんの資格をとる前に、まず、この3つについて、しっかりと考えてみてくださいね。^^

決して、協会の資格を売りたい!というワナにはまらないようにしましょう。