子どもの「自尊心」を伸ばす方法

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

子育てをしていると、よく「自尊心」を伸ばしましょう、って言われますよねー。

「自尊心」って、愛されている・大切にされている実感を持てて、ありのままの自分を好きでいられる心のことです。^^

これ、「生きる力」につながることで、子どもの心でイチバン大切にしたいこと。

(生きる力については、また別の機会に書きますね)

では、どうやったら「自尊心」を伸ばせるのか?

「自尊心」をくじいちゃう、親のNG行動とは?

「親ばか」になること、なんです。^^

どういうことかというと、お子さんのことを、誰かに褒められますよね?

そんな時に

「えー、そんなことないですー。」
「いやいや、大したことないですー。」

なんて、言っていませんか???

これね、子どもたちは(もちろん、産まれたての赤ちゃんも)聞いてるんです。

そして「僕は(わたしは)、大したことないんだ。」って、心に刷り込まれちゃう。涙

なので、褒められたら「わぁ♪ありがとうございます。そうなんです。」って、ありがたく受け止めましょう♡

褒められたことを、決して否定しない。

褒められたら、ありがたく受け止める。

これが子どもの「自尊心」を伸ばすのに、まずは大切なことですよ♪