ちょっと子育てに疲れているママたちに、伝えたいこと。

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

昨日、「5歳男児を13階から投げ落とす…母親を逮捕へ」というニュースがありました。

読んでいるだけでも、胸が苦しくなりますね。

あなたは、このニュースを読んで、どう感じましたか?

わたしは…

正直に言って、他人ごとじゃないな、と感じました。

4年前のわたしなら、一歩間違えたら、この母親と同じことをしてたかもしれない…と。

そして、この母親に、誰かが

「子どもが可愛くない、って感じても、フツウのことだよ。」

「いつも、母親らしくしていなくて、いいんだよ。」

「みんな同じ想いを持ってるよ。大丈夫、大丈夫。」

 
って、言ってあげられたら、こんなことにならなかったのではないかと思うのです…。

多くのママたちが、精神的に追い詰められて、

子どもに手を上げてしまいそうになった(あげてしまった)

感情が抑えられずに、怒鳴り散らしてしまった

このままでは、虐待をしてしまうかもしれない

そんな気持ちや状況に、なったことがあるのではないでしょうか?

わたしはね、それって、ふつうのコトだと思うのです。

 
子どもは可愛いですね。^^
 

でも、可愛いだけではありません。

ママの都合をお構いなしに、泣いたり、ママを呼んだりします。

ママたちは、3食昼寝付きかもしれないけれど、本当の自由時間ってありません。

それに、初めての子育ては、わからないことだらけなのに、気軽に相談できる人がいないママも多い。

でも、ネットで情報を調べると、悪いことばかり書いてあって、よけいに不安になる。

パパは働き盛りで、家にいられる時間が少ないという家庭も多いですね。

なにより、慣れない子育てで、体力も気力もギリギリなのに、「疲れている」ということにママ自身が気がつかずに、「もっともっと、頑張らなきゃ!」と思って、がんばりに、がんばりぬいて…そして、フッとした、なにかのきっかけで、子どもに手を上げてしまう…。

こういうママたちが、たくさんいらっしゃるのですね。

こういう頑張りすぎちゃうママたちの多くは、

子どもを可愛くないなんて、思っちゃいけない!母親は、母親らしく、愛情豊かに、いつも笑っていなくてはいけない!と、「理想の母親像」にとらわれてしまっていることが、多いですね。

でもね、ママも人間です。^^

疲れたら、イライラします。

自由な時間が少なかったら、外で働いているパパさんのことが、羨ましくなります。

子どもが可愛くない!と思う時があってもいいんです。

いつも、ニコニコしてなくてもいいんです。

そのままのあなたで、いいんです。

大丈夫、大丈夫。

もし、今、あなたの子どもが、イキイキと生活しているなら…それだけで、あなたは充分に母親としての役割を果たしていますから。^^

こんなことを、この母親に…そして、今、ちょっと子育てに疲れているママたちに伝えたい、そう思います。