ベビー系教室の、存在意義とは…

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の行本(ゆくもと)です。

(※ベビー系講師の方には、最後にプチワークがありますよ。^^)

私は、2013年末に、乳幼児子育てサポート協会を立ち上げました。

それは「産後うつをゼロにしたい」と、強く感じたからです。

どうしてそんなふうに感じたのかというと、私自身が、子どもが0歳の時に、本当に子育てがキツく、産後うつになりかけたからなんですね。

一歩間違えたら、虐待をしていたかもしれないなぁ、と感じることもあります。

でも、ステキな人たちとの出会いで、わたしは救われたんです。^^

その後、たくさんのママと出会う中で、私と同じように1人での子育てを頑張っているママが多いことを知りました。

ママたちは、頑張って、頑張って、頑張っているのに、もう、充分なのに

自分はなにもできない
母親として失格だ
本当に私の子育てでいいのかな?

 
そんな風に感じ、気持ちが追い詰められていました。

そんな頑張っているママと出会う度、私は自分の経験と知識を活かして、ママたちの役に立ちたい!と強く感じました。

こんな想いで、乳幼児子育てサポート協会を立ち上げたのですね。

ですから、当協会のメニューは、すべて、ママたちのお役に立ちたい!産後うつをゼロにしたい!という想いを実現するためのものになっています。

例えば、認定級講座。

これは、ママたちに

・ママたちは、そのまんまでいいんだよということを、伝えたい

・知っていると楽になる、子育てのコツを伝えたい

 
という想いで、作りました。

ですから、認定級講座を受講してもらうと、ママの心が軽くなり、夫婦仲もよくなるような内容になっています。^^

次に、ベビーマッサージ教室を開ける資格のインストラクター養成講座。

これは、私と同じ想いを持った方に

「私と一緒に活動して、産後うつをゼロにしようよ!」

と伝えたくて、作っています。

プレチャイルドマッサージ教室は、イヤイヤ期というママが大変な時期に、ママが相談する相手になりたい、という思いでつくりました。

ですから、乳幼児子育てサポート協会の認定教室が、満席になると、

「あー、今日も心が軽くなったママがいるんだなぁ♪」

と感じ、ほんとうに嬉しいです。^^

認定級講座への申し込みがあると、

「これで、子育てが少しだけでも、楽になるママが一人増えるなぁ。このママが、認定級で学んだことを、お友達に話してくれたら、心が軽くなるママが、もっと増えるなぁ♪」

って、感じて、ウキウキします。^^

わたしは、こういう想いで、日々、活動をしているんです。

これからも、この想いに共感してくれるママや女性が、一人でも増えたら嬉しいですね。

さて、ベビー系講師の方に、プチワークですよ。

あなたのお教室は、何のために開いていますか?

あなたのお教室のメニューは、あなたの想いを実現するものですか?

教室で伝えたい想い
それぞれのメニューの意義

 
シッカリ考えてみましょうね。^^