子どもが、ワガママを「言える」理由

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

お子さんのことを

もう!ワガママばっかり言わないでーーー!

なんでこんなに、頑固なのよー!?一体、誰に似たのー!?

 
なんて、感じたこと、ありませんか???

そして、しょっちゅう子どもから、ワガママ(自分の意志、意見)を言われると、「こんなに私を困らせて、ひどい!」って感じちゃうかもしれません。

でね、そんなときには、こういう風に考えてみると、ちょっと気持ちが楽になれますよ♪

・わたし(ママ)を、信頼してるから、ワガママが「言える」んだ!

・これだけ自分の意志を伝えられるって、すごい!

 
もしね、子どもがママのことを信頼していなかったら…。

変なことをしたら、ママが僕・わたしのこと嫌いになっちゃうかもしれない!という不安を抱えていたら…。

子どもは、ワガママ(自分の意志、意見)を言えません。

ゼッタイに、嫌われないように「いい子」を演じ続けるでしょう。^^

だから、ワガママ(自分の意志、意見)を言えるっていうことは、ママのことを、心から信頼しているってこと♡

それだけ、今まで、ママが子どもちゃんに、愛情を注いできた証拠です。(*^_^*)

Beautiful-Heart-with-Floral-Ornament

あなたのお子さんが、

いやっ!

やだっ!

やらないっ!

なんて、言ったら、ママ、自分を褒めてあげて下さいね♪

「あー、この子は、私のことを心から信頼して、甘えてるんだぁ。今までの、私の愛情が、ちゃんと伝わっていたんだなぁ。」

ってね。^^

もう一つの「これだけ自分の意志を伝えられるって、すごい!」については、明日(4月18日)9:00に、書きますねー。