なぜ、母子のスキンシップが大切なのか?

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

乳幼児子育てサポート協会は、産後うつゼロを目指して、ベビーマッサージ教室を通じ、ママたちの心に寄り添った活動をしています。

でも、子育て支援をするなら、別に、ベビーマッサージを伝えなくてもいいんじゃないか、っていうご意見もあるかと思います。

では、なぜ、私がベビーマッサージにこだわるのか。母子のスキンシップにこだわるのかといいますと、子どもの心のためなのです。

まずは、今の子育て環境を考えてみましょう。

・核家族化
・隣人を知らないマンション
・働き盛りのパパは、家を不在にしがち
・どんどん便利になる、ベビーグッズ
・知育という名の、DVDやゲームの普及

 
同居や、実家が近い家庭が減り、パパさんは忙しく、ママがほとんど一人で子育てをしている、というご家庭が多いのではないでしょうか?

ママは、子育て、家事、全てをしなくてはいけません。

そうすると、赤ちゃんと触れ合う時間が、どうしても短くなります。

それに、一日中二人っきりで、遊んでいたら、ママ自身が疲れてしまいますよね。

そんな時に便利なのが、バウンサーやベビーラックなど、赤ちゃんが静かに寝てくれるグッズ。

そして、赤ちゃんがおとなしくしてくれる、テレビやDVD。

img192_file

たしかに便利だし、ママが一人で子育てをするには、必要なグッズ…。

ただ、その便利グッズがあることで、どんどん赤ちゃんと触れ合う時間が減っているのも事実…。

でもですね、母子のスキンシップや触れ合い、語りかけって、本当に、本当に、子どもの心の成長に欠かせないものなのです。

0歳という赤ちゃんの時期に、ママからたくさんたくさん、

触れてもらう。

笑いかけてもらう。

話しかけてもらう。

 
その経験をたくさんすることで

「僕は、私は愛されてるんだ。生きていていいんだ。貴重な存在なんだ。」

って思えるんですね。

IMG_1673

逆に、こういう経験が少ないと、自分の存在を認めることが出来無くなってしまうのです。

だから!今のこのような子育て環境だから!ベビーマッサージという母子のスキンシップが大切なんです。

一人でも多くのママに経験して欲しい。そして、続けて欲しい。

そうしたら、必ず、子どもの心は健全に強く育つから。

そう考え、乳幼児子育てサポート協会ではベビーマッサージを伝えています。

あなたも、私たちと一緒に、ベビーマッサージを伝えていきませんか?